2014年度(第15期生)発表会

第15期生 自調自考論文 優秀作品発表会

「15期生 自調自考論文 優秀作品発表会」が3学年合同で行われました。
「プレゼンテーション」と「ポスターセッション」の2部構成で実施されました。高校2年生が2年間をかけて執筆してきた自調自考論文の中から、14作品が優秀論文に選ばれ、その執筆者が研究の成果を発表しました。ともに研究を進めた15期生と、これから本格的に論文作成がはじまる16期生、そして今年から17期生も新たに加わり、それぞれの発表に熱心に耳を傾けていました。プレゼン後にポスターセッションが実施され、活発な質疑応答や意見交換が行われました。

第1部 プレゼンテーション

第2部 ポスターセッション


優秀作品

優秀作品大賞

もみ殻からケイ酸ナトリウムを効率的に生成する方法の開発及びバイオエタノール抽出の可能性に関する研究


優秀作品賞

幼児期の絵本の読み聞かせが後の学習に与える影響 〜読書習慣から考える〜

中学生の道徳教材としてグリム童話は有効であるか

ディスレクシア(識字障害)の子供が楽しめる本を作るにはどのような工夫をすればよいか

回転寿司がファミリーレストラン界のトップになるには

ツキノワグマの展示方法はクマから見てどれが一番適しているか

パズドラのルート解析アルゴリズム

日本人の“水感” 〜自国の水道水にどのような感覚を抱いているのか〜

Gender Equality in Japanese Corporate Businesses: Can We Achieve the Target of “30% by 2020″ ?

食品サンプルは生き残れるのか 〜飲食店から消えていく食品サンプル〜

東京ディズニーシーの効率のよいまわり方とは ~すべてのアトラクションに乗るのは可能か?~

バイオトイレ普及で衛生改善システムは作れるか

くしゃみの仕方は何によって変わるのか 〜くしゃみをコントロールすることは可能か〜

自閉症を持つ方への支援 〜ヘルプカードの改善〜