2019年度(第20期生)発表会

2019年度(第20期生)発表会

第20期生
自調自考論文
優秀論文発表会

「20期生 自調自考論文 優秀論文発表会」が3学年合同で行われました。
優秀作品に選ばれた13名の20期生が3グループに分かれてプレゼンテーションを行いました。今回初の試みとして、WWLコンソーシアム構築支援事業の連携校でもある大阪の清教学園高等学校の生徒も参加して研究の成果を共に発表することができました。ポスターセッションの時間では執筆者を囲むようにして多くの生徒が集まり、どのようにテーマを決めたのか、作成上で苦労した点などを熱心に質問していました。

ポスターセッション

ポスターセッションポスターセッションポスターセッション

ポスターセッションポスターセッションポスターセッション

優秀作品

優秀作品賞

子ども食堂が子どもの居場所で在り続けるために

生徒の授業評価を正確に知り授業を改善するために

「ミツバチ問題」本当に農薬だけが悪いのか

小説『ハリーポッター』シリーズにおけるスネイプ先生の一人称「我輩」は適切なのか

ペットボトルリサイクルを身近にする新制度

言葉の印象とはどのように決まるのか

“消費期限が楽しみ”になる非常食利用法

本物の「アンキパン」とは何か

非シネコン系映画館が生き残るには

お弁当箱を常に水平に保つお弁当袋の開発

洋画に邦題をつける必要はあるのか

BGMの数学能力への影響とは

人を励ます最適な言葉とは

▲PAGE TOP