St. Francis Xavier の生徒が来校し授業に参加しました

St. Francis Xavier の生徒が来校し授業に参加しました

2019.12.04

本校は、文部科学省WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の拠点校に指定されました。

WWL事業の拠点校として、海外の学生との交流を深め、異なる立場の学生同士で現実的な課題について議論できる場を提供し、新たな行動の動機づけにつなげる教育活動に取り組んでいきます。

9月19日(木)~25日(水)、中学3年生のオーストラリア研修において毎年お世話になっている St. Francis Xavier 校から14名の生徒が来校しホームステイをしました。ホストとともにさまざまな授業に参加しつつ、ときには調理実習に挑戦したり、英語の本の読み聞かせを行ったりと交流を深めることができました。

ホストファミリーとも素敵な時間を過ごし、貴重な体験をできた生徒も多かったようです。最後のお別れ会では茶道体験をはじめ日本独自の文化に触れつつ、多くの渋渋生とも交流し楽しいひと時を過ごしました。

異文化を体験できる機会として、これからも積極的な交流を期待しています。

一覧へ戻る
▲PAGE TOP