高校生G20サミットが行われました

高校生G20サミットが行われました

2019.08.21

5月12日(日)に、本校生徒を中心とする有志により「高校生G20サミット」が開催されました。全国から約200名の高校生たちが渋渋に集まり、AIと教育、少子高齢化と労働不足、ジェンダー平等と働き方改革に関する問題について話し合いました。

その解決策は実行委員によって提言としてまとめられ、同月26日(日)、立教大学で開催された大学生中心の「Y20サミット」のオープニングセレモニーで発表され、その後、Y20の提言に盛り込まれてG20の首脳陣に提出されました。

参加した生徒のコメントより

「高校生G20サミット」は、G20大阪サミットに向けて政策を考える会議で、昨年の夏にSGHの社会貢献活動の一環として高校2年生の有志が開催した模擬G7を発展させて企画提案したものです。総監督として200人近くを統括しただけでなく、高校生の社会参画への熱い意思を感じた経験は忘れられないものとなり、今までの活動の集大成となりました。つねに相談に乗ってくださった先生方をはじめ、協力していただいた全ての方に感謝いたします。

高校生G20サミット

一覧へ戻る
▲PAGE TOP