渋渋生の「自調自考論文」の取り組み

渋渋生の「自調自考論文」の取り組み

2020.10.26

高校1年~高校2年の2年間をかけて作成する「自調自考論文」は、自分が興味関心を持っているテーマを選択し研究を行います。

今年度は Google Classroom を活用した自調自考論文の新たな取り組みが行われています。Googleフォームによるアンケート実施が本格的に進められ、利用者にはますます情報リテラシーが求められます。

アドバイザー面接や、ライティングセンターなど、卒業生とのZoomを利用したオンライン面談も実施しています。場所の制約を取り除いた取り組みに先輩たちも参加してくれて、21期生の論文完成に向けて後押ししてくれています。

9月5日(土)、本校卒業生の田中さん(4期生)、藤垣さん(7期生)、河野さん(18期生)の3名による講演会が高校1年生を対象にオンラインで実施され、自調自考論文執筆に際してのアドバイスをいただきました。

卒業生自身の経験を交えた話は、「研究」がどのようなものかイメージできない生徒たちが抱く不安や疑問の解消に対応するわかりやすい内容で、みな真剣に聞き入っていました。なかには個別に画面越しに質問をする生徒もみられました。

自調自考論文卒業生講演会

自調自考論文卒業生講演会

一覧へ戻る
▲PAGE TOP