模擬裁判が行われました

模擬裁判が行われました

2019.03.16

2018年度 模擬裁判

2月27日(水)、中学3年生が模擬裁判の行事に取り組みました。

学校プログラム用に作られたシナリオをもとに東京弁護士会の先生方をお迎えして、事前学習の勉強会を開いていただきました。模擬裁判の当日は生徒が裁判官、検察官、弁護人役となって裁判を進め、傍聴人の生徒が裁判員の立場で有罪・無罪の判断を行いました。

今年の題材は「殺人未遂事件」でした。居酒屋で客とトラブルになった従業員が怪我を負ったというシナリオで、傷害罪で逮捕された客が殺人未遂の罪で起訴され、公判段階で無罪を主張するというものでした。
法廷では授業員が負った怪我の真相をめぐり、有罪を求める検察官と無罪を主張する弁護人双方の激しい応酬が繰り広げられました。
「模擬裁判」の見どころの一つに証人尋問と被告人質問があります。キャスト生徒の練られた質問の数々に感心させられました。なお、判決の結果は「無罪」でした。

模擬裁判

模擬裁判

一覧へ戻る
▲PAGE TOP