「高校模擬国連国際大会」において優秀賞を受賞しました

「高校模擬国連国際大会」において優秀賞を受賞しました

2017.05.18

5月9日(火)~15日(月)、ニューヨークの国連本部などで開催された高校模擬国連国際大会(第11期日本派遣団)において、日本チームの一員として参加した本校の代表生徒が優秀賞(Honorable Mention)を受賞しました。

高校生が国連会議を模して国際問題を討議するこの大会は、世界各国から約1,600名が参加して決議案をまとめる交渉に臨みます。日本チーム(6校11名)の高校生はアフリカの島国・カーボベルデ共和国の大使を担当しました。渋渋の代表生徒は「国連総会第3委員会 General Assembly of the UN(Social, Humanitarian and Cultural -Third Committee)」議場で、「死刑制度」という大変難しい議題に挑み高い評価を得ることができました。

過去10年間で優秀賞受賞は何度かありましたが、高校2年生の一般生コンビが優秀賞を受賞したのは初めてのことです。後輩のために勇気を与える結果を出してくれたことは大きな喜びです。

一覧へ戻る
▲PAGE TOP