教科横断型の授業が行われました

教科横断型の授業が行われました

2020.02.20

本校は、文部科学省WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の拠点校に指定されました。

WWL事業の拠点校として、海外の学生との交流を深め、異なる立場の学生同士で現実的な課題について議論できる場を提供し、新たな行動の動機づけにつなげる教育活動に取り組んでいきます。

高校2年生では、英語を要とした教科横断型授業を通し、人権、水、エネルギー、宗教、環境といった問題について学び、平和で安全な地球社会作りに貢献する活動を、各人が、計画、実行、発信するプロジェクトを行っています。

飛龍祭では、東北のリボーン・アートフェスティバルでのボランティア、フェアトレードの委託販売の取り組みなどの発表が行われ、内容も多様性に富み、各々が世界をより良くするための提案を熱く語っていました。

一覧へ戻る
▲PAGE TOP