「サービスラーニング」 渋渋生の取り組み

本校は、文部科学省WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の拠点校に指定されました。

WWL事業の拠点校として、海外の学生との交流を深め、異なる立場の学生同士で現実的な課題について議論できる場を提供し、新たな行動の動機づけにつなげる教育活動に取り組んでいきます。


WWLの取り組みの一環として、高校2年生は日々の授業で学んだ社会問題に対し、自らアクションを起こす「サービスラーニング」に取り組んでいます。 英語を要とした教科横断型授業を通じて、SDGs活動に励む渋渋生を応援しています。

22期生は全員が「Shibuya Olympiad in Liberal Arts 2021」(SOLA 2021)をはじめとして、 夏休み等を活用しチームや個人でも情熱的にサービスラーニング、社会貢献活動に励み、さまざまな体験を報告し共有しています。

発信の場は飛龍祭や在校生向けに発行される「Super Global Leader’s News」などさまざまです。渋渋生がどのようなことに関心を持って、どのような活動に臨んだのか、これからアクションを起こす人にも参考になると思います。ここでは、これまでに寄せられた活動報告書のタイトルを紹介します。


2021年「サービスラーニング」活動報告

渋ハロの翌日にゴミ拾いをしました

校長講話の活字化・体系化プロジェクト 日本人にリベラルアーツの種を蒔く

てんげんじこどものいえ 夏期アフタースクールボランティア

「とうきょう林業サポート隊」に参加してみた

脳ラボ! Brain Lab! in SOLA 2021

模擬G7サミット2021