「サービスラーニング」 渋渋生の取り組み

高校2年生は日々の授業で学んだ社会問題に対し、自らアクションを起こす「サービスラーニング」に取り組んでいます。 英語を要とした教科横断型授業を通じて、SDGs活動に励む渋渋生を応援しています。

発信の場は飛龍祭や在校生向けに発行される「Super Global Leader’s News」などさまざまです。どのようなことに関心を持って、どのような活動に臨んだのか、これからアクションを起こす人にも参考になると思います。ここでは、これまでに寄せられた活動報告書において、外部のコンテストなどでプランを発信したものを紹介します。


サービスラーニングは、渋渋高校2年生の必修プロジェクトですが、23期生には高校3年生になってからも活動を続けた人たちがいました。全校に呼びかけてプロジェクトを実施していました。

渋渋献血プロジェクト(日本赤十字社 ✖ 渋谷キャスト ✖ 渋渋のコラボプロジェクトが実現しました)

コンタクトレンズケースプロジェクト(コンタクトのアイシティより感謝状をいただきました)