生徒の活躍(2020年度)

生徒の活躍(2020年度)

2020年

11月

第14回 全日本高校模擬国連大会(最優秀賞)
国連加盟国の大使として国際会議のシミュレーションを通じ、現代の世界におけるさまざまな課題について学ぶための模擬国連プログラムに、本校の2名が1次選考課題を通過しました。
オンラインで開催された「全日本高校模擬国連大会」において、高校1年の江口さん、高槻くんチームが最優秀賞を受賞しました。
この結果、2021年5月にニューヨークで行われる「高校模擬国連国際大会」(Global Classrooms International high School Model United Nations)の出場権を獲得しました。

10月

第1回 高校生のための小説甲子園(東京ブロック代表)
集英社主催の「高校生のための小説甲子園」において、高校1年の高野さんが東京ブロック代表作品(全国でブロック代表8作品が選出)に輝きました。

高野さんの作品:『相模の弥市』

第20回 インターネットによる高校生小論文コンテスト(佳作)
毎日新聞社主催の「インターネットによる高校生小論文コンテスト」において、高校1年の石井さんが佳作を受賞しました。

9月

JAXA 第1回「きぼう」ロボットプログラミング競技会 決勝大会(優勝)
JAXA筑波宇宙センターで開催された「きぼう」ロボットプログラミング競技会(プログラミング部門)においt、日本代表として出場した中学3年の佐藤くんチーム(Hypernova)が優勝に輝きました。

本大会では国際宇宙ステーション(ISS)にあるAstrobeeという自律型ロボットをプログラミングし、ISSの「きぼう」実験棟で実際にAstrobeeを動かす貴重な経験をしました。

Yale-NUS Pro-Ams 2020(ベスト8)
Yale-NUS主催の「Yale-NUS Pro-Ams」において、高校1年の江口さん、栗原さんチームがベスト8に輝きました。

銀杏杯(準優勝)
東京大学主催の「銀杏杯」において、高校1年の下山さんが準優勝、江口さん、栗原さんが第4位、清水さん、池田さんが第5位に輝きました。
この大会のスピーカー賞として、下山さんが第2位、江口さんが第6位、栗原さんが第7位、池田さんが第10位に輝きました。

Feminism Open 2020(ベスト8)
大学生大会の「Feminism Open」において、高校1年の江口さん、栗原さんチームがベスト8に輝きました。
この大会の新人ベストスピーカー賞として、栗原さんが第1位、江口さんが第3位に輝きました。

K-CUP 2020
大学生大会の「K-CUP」において、高校1年の清水さん、中学3年の古川さんチームが第3位、高校1年の江口さん、栗原さんチームが第5位、高校1年の下山さん、阿部さんチームが第6位に輝きました。
この大会のスピーカー賞として、江口さんが第1位、栗原さんが第2位、下山さんが第6位、阿部さんが第9位に輝きました。

PRE-GEMINI CUP 2020
大学生大会の「PRE-GEMINI CUP」において、高校2年の谷口さんがベストスピーカー賞の第5位に輝きました。

全国大学生対抗英語ディベート大会「エリザベス杯」
国際基督教大学主催の「エリザベス杯」において、高校2年の谷口さんが新人ベストスピーカー賞の第5位に輝きました。

8月

第2回 Tsukukoma Schools Open(優勝・準優勝・ベスト8)
筑波大学附属駒場中・高等学校で開催された中学・高校生向けの英語ディベート大会「Tsukukoma Schools Open(旧 Tokyo Debate Open)」(オープン部門)において、高校1年の清水さん、江口さん、下山さんチームが優勝、高校2年の藤野さん、谷口さん、高校1年の藤村さんチームが準優勝、高校1年の栗原さん、阿部さん、池田さんチームがベスト8に輝きました。
この大会のスピーカー賞として、谷口さんが第1位、藤村さんが第3位、藤野さんが第7位に輝きました。

第9回 全国高校生地方鉄道交流会(会長賞)
オンラインで開催された「全国高校生地方鉄道交流会」(企画テーマ:鉄道と街+〇〇 ~何をプラスすると活性化するのか?~)において、本校の鉄道研究部が会長賞に輝きました。

企画提案プレゼンテーション:「原宿宮廷ホーム 改造論」

高校生日英エッセイコンテスト2020(準優秀賞)
ブリティッシュ・カウンシル主催の「高校生日英エッセイコンテスト」において、高校3年の五十嵐さんが準優秀賞に輝きました。

五十嵐さんの作品:『ポイント制度で楽しみながら環境改善を/Tackling Climate Change with a Point System』

第5回 高校生万葉短歌バトル(優勝)
高岡市で開催された「高校生万葉短歌バトル」において、高校2年の岡さん、島津くん、鈴木さん(チーム:八咫烏)が優勝に輝きました。

7月

World Schools Debate Championships 2020(第1位)
「World Schools Debate Championships(WSDC)」において、高校3年の杉本さん、神崎さんチームが EFL 1ST Best Team賞(英語を母国語としていない国の中で第1位)に輝きました。

高校生パーラメンタリーディベート大会 第9回「新緑杯」全国大会(第4位)
「新緑杯」全国大会において、高校1年の清水さん、池田さん、児玉くんチームが第4位に輝きました。

アジア高校生リンクベート・ディベート・チャンピオンシップ2020
「アジア高校生リンクベート・ディベート・チャンピオンシップ」において、中学3年の島田さん、古田さんが(ジュニア部門)ベスト4、高校1年の池田さん、下山さんが(ジュニア部門)ベスト8、高校2年の貴田くんが(オープン部門)ベスト8に輝きました。

6月

高校模擬国連国際大会(ニューヨーク派遣日本代表)
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け5月に予定されていたニューヨークでの「高校模擬国連国際大会」が中止となり、代替の国内プログラム「国連総会参加に向けてのオンライン最終政策発表会」に日本代表チームの一員として本校から高校2年の妻鹿くんと後藤くんが参加しました。

Hong Kong Pro-Ams Online Debate Tournament
香港主催の大学生ディベート大会「Hong Kong Pro-Ams Online Debate Tournament」において、高校2年の貴田くんがチーム賞ベスト12、ベストスピーカー賞第7位、ベストスピーカー新人賞第4位に輝きました。

Nagoya Debate Open 2020
オンラインによる大学生大会「Nagoya Debate Open」において、高校2年の貴田くんがベストスピーカー賞第5位、高校2年の谷口さんがベストスピーカー賞第10位に輝きました。

2020 Global Youth Leadership Conference
18ヶ国の各代表に選ばれた高校生160名によるオンライン国際会議「Global Youth Leadership Conference」において、本校代表生徒が日本代表として大活躍しました。

参加メンバー:高校2年 藤野さん 貴田くん 谷口さん 高校1年 江口さん 下山さん 阿部さん

JAXA 第1回「きぼう」ロボットプログラミング競技会 国内予選(優勝)
国際宇宙ステーションで活躍するロボットを活用したプログラミング競技会の国内予選大会において、中学3年の佐藤くんチーム(Hypernova)が優勝に輝きました。
この結果、日本代表として9月に開催される決勝戦の出場権を獲得しました。決勝戦では、他の6つのアジア・太平洋地域から集まる代表チームと共に、実際のAstrobeeを操作するプログラムで戦います。

5月

日韓高校生ディベート大会 KJOSDC 2020
オンラインで開催された「日韓高校生ディベート大会」において、高校2年の藤野さん、貴田くん、谷口さんチームがベスト8に輝きました。
この大会のベストスピーカー賞として、貴田くんが第1位、谷口さんが第4位、藤野さんが第8位に輝きました。

4月

Mono-Coto Innovation 2019 決勝大会(グランプリ)
Curio School主催「Mono-Coto Innovation 2019 決勝大会」において、高校1年の清水さんがグランプリに輝きました。

第1回 京都文学賞(優秀賞)
京都市主催の「京都文学賞」(中高生部門)において、高校1年の高野さんが優秀賞を受賞しました。

高野さんの作品:『十六畳の宝箱』(ジャンル「歴史・時代」)

▲PAGE TOP